専門家の声

  LIFE DEVELOPMENT CENTER 渡邊醫院副院長
世界乳幼児精神保健学会理事 児童精神科医 渡辺久子 先生 

「わが子のキレやすさ、親泣かせのだだごねは、実は脳の飛躍的発達(メンタルリープ)であると教えてくれるこの本は、日本の育児現場を救うでしょう。」

  ハーバード大学医学部名誉教授 T. ベリー・ブラゼルトン医学博士  

“This is a very practical and entertaining window into the baby’s first year and a half. van de Rijt and Plooij have observed and found the vulnerable times in an infant’s development that I independently came to in my book Touchpoints (Perseus). The authors’ observations and practical suggestions are wonderful.”

「赤ちゃんの心の中を覗けるとても興味深い内容です。H.ヴァン・デ・リート博士とF.プローイュ博士は独自の研究により、赤ちゃんには心が不安定になる発達段階があることを発見しましたが、実は私自身の研究でも同様の結論に達して『Touchpoints(Perseus)』という本でそれをまとめていま す。そんな私からしても、お二人の観察研究と実践的な提案内容は素晴らしいと思います。」

  ハーバード大学教育大学院教育学教授 キャサリン・スノー博士  

“Anyone who deals with infants and young children will want to read ‘The Wonder Weeks.’ This book will open parents’ eyes to aspects of their children’s growth, development, changing behavior, and emotional responsiveness that they might otherwise not notice or find puzzling and distressing.”

「親はもちろん、乳幼児に携わる人なら誰もが読みたくなる内容です。ワンダーウィークスを読むと、普通は親が気づけないような子どもの成長の側面や発達過程に目を向かせてくれ、普通だったら困惑してしまうような子どもの態度や感情の変化について前もって知ることができます。」

 英国オックスフォード大学付属ジョンラドクリフ病院小児科
小児心理学担当責任者・臨床心理学顧問
ジョン・リッチャー臨床心理学博士

“van de Rijt and Plooij’s work on infant development has enormous value for clinical use and scientific application. Not only have they explained the periods of puzzling, difficult behavior in infancy which so worry parents, they have also shown how these behaviors mark developmental leaps and have described the stages in the infant’s understanding. Together, this gives parents and professionals soundly based insight into babies’ developing minds. What’s more, van de Rijt and Plooij have described the play and communication that work best with babies at different ages and thus helped parents understand and connect sensitively with their babies. This parent-child connection is the major prerequisite for the development of secure, well-adjusted children. ‘The Wonder Weeks’ is essential reading for everyone who works with infants: pediatricians, social workers, psychologists, and, of course, parents.”

「臨床医療での活用はもちろん、科学的にも応用できる大変価値のある文献です。ワンダーウィークスを読むと、赤ちゃんが泣き止まなくなったりぐずりやすくなって、ママやパパに心配をかける時期が分かります。また、そういった不可解なぐずりが合図となって赤ちゃんが知能の成長期に入るメカニズムや赤ちゃんの知能の発達過程なども分かります。さらには親たちが赤ちゃんと心を通わせられるように、各発達段階に合った遊び方や接し方も紹介されています。実はこういった親子の結びつきこそが、その後の社会性や情緒に大きな影響を与えるのです。親たちはもちろん小児科医、児童福祉士、心理学者など赤ちゃんに関わる仕事をしている人たちも読むべき内容です。」

  オレゴン大学心理教育学名誉教授フィリップ J. ルンケル博士

“van de Rijt and Plooij will help you see the world the way an infant sees it. As the child grows, displays of emotion (such as crying) tell us the child is summoning reserves of energy and is calling out for help in finding new ways to perceive the changing world. Because van de Rijt and Plooij have discovered predictable stages in the widening of the infant’s perceptions and skills, they can enable you, with their superb examples, to recognize the onset of these stressful episodes and to join your child in coping with them. So rich, indeed, are the implications of finding new perceptions and new skills in the midst of stress that whether or not you are a parent, it can never be too early or too late to profit from this book.”

「赤ちゃんには、この世界がどう見えているのかを教えてくれます。赤ちゃんの感じている世界は発達に伴って変化していきます。そして、赤ちゃんはその変化を自覚すると、ありったけの力を振り絞って(例えば、泣くなどして)助けを求めます。お二人は、赤ちゃんがなぜこのような変化を乗り越えなければならないのか、なぜこんなにもママたちの苦労話が出てくるのかを納得できる例を持って示されています。それができるのは、赤ちゃんの知能と行動が大きく発達する時期を発見した彼らだからこそです。実際に、このようにストレスがかかる時期には新たな知能や行動が芽生えようとしている合図がいくつも転がっています。育児中の親ではなくても、子どもが生まれる前でも、子どもが大きくなってからでも参考になる内容です。」

  ワシントン・ポストの記者グループ(Facebookフォロワー)

“The Wonder Weeks – a look at cognitive growth in the first year – why might the baby be fussy, and what can parents do.”

ワンダーウィーク〜生後一年間の認識力の成長を可視化〜なぜ赤ちゃんがぐずっているのか、親が何をしてあげられるのかを教えてくれます。